DVD , 外国映画 , ドラマ,/bedridden1804945.html,eliteboardup.com,1155円,マルコムX,[DVD] 1155円 マルコムX [DVD] DVD 外国映画 ドラマ DVD , 外国映画 , ドラマ,/bedridden1804945.html,eliteboardup.com,1155円,マルコムX,[DVD] 1155円 マルコムX [DVD] DVD 外国映画 ドラマ マルコムX DVD 爆売り マルコムX DVD 爆売り

マルコムX DVD 爆売り セール商品

マルコムX [DVD]

1155円

マルコムX [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   妨害、中傷などのさまざまな困難を乗り越えて完成にこぎつけた、スパイク・リー監督による入魂の一大力作である。
   あくまで史実に基づいて描かれてはいるものの、本作は単なる伝記映画ではない。マルコムXの生涯を語ることで、今なお差別にあえぐ同胞にアフロ・アメリカンとしての自覚と誇りを促す、強烈なメッセージフィルムともいえる内容だ。それゆえ、なによりマルコムの精神的成長過程に主眼を置いた作りが特徴的だ。なぜ彼は、チンピラ同然の生活をやめたのか。なぜ彼は、同じ肌の色をした者に殺されなければならなかったのか。監督の主張は、当時とさして変わらぬ状況下にある若者たちの胸へ、ダイレクトに響いたに違いない。ラストに流れる俳優オシー・デイヴィスの追悼の言葉も、深い感銘を残す。(武内 誠)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ジョンQ-最後の決断-』のD・ワシントンが、黒人解放運動の指導者・マルコムを演じる伝記ドラマ。若くして窃盗罪で服役したマルコムは、刑務所の中でイスラム教に改宗する。出所後、白人に敵対する扇動家になるが、やがて多人種共存の道を探し始める。

マルコムX [DVD]

スパイクリー監督作品の中で最高傑作だとおもいます。冒頭でロス暴動のきっかけとなった、キング氏の暴行シーンが流れ、そのあと星条旗が燃やされるシーンになります。他のアメリカ映画で星条旗が燃やされたことがあったでしょうか?デンゼル・ワシントンがオスカーを取れなかった理由も解りますが、「トレーニングデイ」でとるより、この作品で取ってほしかった。
人類に根強く残る人種差別や白人至上主義に肉薄し、ピンポイントで迫る素晴らしい映画です。またマルコムXは、表向き教団内部での対立抗争により殺された事になっているが、政府関係機関が介在しているのは間違いない。白人至上主義とアメリカ内部に存在する、限りなく深い闇に迫る問題作と言えるでしょう。
頭はいい。顔もよく、背も高い。彼の魅力は、弁のたつことと、その魅力的な外見。何かを成し遂げたわけでなく、何かをのこしたわけでもない。過激な主張で、人生と世界に、不満をぶつけたかった人々と、その敵方から注目を浴び、必要以上に有名になってしまったがゆえ、力以上に名が売れてしまったがゆえ、殺されてしまった男の話。無知蒙昧な犯罪者が、カルトに洗脳され、カルトの過激派として先陣に立ったが、妬み嫉みで裏切られ、宗教に目覚めたら、さらに敵が増えてしまう。どーにも一神教や人神は殺人を呼びやすいようだと、あらためて思わされる。この作品も、マルコム本人と同様、何かを描いているようであり、何かを語っているようでもあり、何かを伝えているようでもあるが、何もなかったようにも感じられる。異常に長い、序盤のダンスパーティーのシーンや、後半の、暗殺される間際のバラバラ感。必要なシーンが足りず、不必要なシーンをカットできていない。そんな印象も受けた。だから、観終えてみると、ただ、信じるものと主張が、いったりきたり、振り回された男の話だと見えてしまう。これからの指導者だったのだろう。まだ、これから何かを為すことができた。でもその前に殺されてしまった。だから一般的には無名なのかもしれない。カルトの過激な先導者としての顔だけが、特に有名になってしまった。彼のカリスマ的な魅力は笑顔にあるのに、銃を持つ手に注目が集まってしまった。銃を持つものは銃によって斃される。撃つ気がないなら、銃を持つのは、かえって危険なのだ。中途半端に武装してしまったことが、彼の死を早めたのかもしれない。それだけが、強く印象にのこりました。
マルコムXの自伝を映画化したもので、よくできている。白人はアフリカから黒人を拉致しレイプし嬲り殺し奴隷にし、文化も歴史も誇りも言葉も名前も奪った。その罪を真正面から見ずに嘘やごまかし、偽善行為でやり過ごしていた白人たちにその悪魔的行為の歴史を真正面から糾弾し偽善や嘘をあばこうと戦ったヒーローの映画である。彼の人生そのものが白人たちの罪の証明なのだ。彼の母には白人の血が半分流れている。白人のレイプでうまれたからだ。彼の父はKKKの白人たちに殺され、母親は気を病み、最終的に一家は離散する。非常に優秀で弁護士にもなれたであろう人間がチンピラにしかなれない。数学者になれたかもしれない才能の持ち主がヤクザものにしかなれない。そんな社会に対する怒り。偽善や嘘でごまかし自分らの罪を見ようとしない白人たちへの怒り。その非人道的で悪魔的な罪への怒り。彼は決して金や女や地位や名誉で買収できない、怒りをもったアメリカ社会の糾弾者となった。最終的に彼は本当の信仰にふれ宗教者として人間として深みを増していった。映画としてとても楽しめたが、自伝を読んだものとして少し残念な点があった。ショーティの人物描写。彼の人生で重要な役割を果たした弟が出てこない。アーチーとの再会の場面でのせりふが改悪されている。等々あったが、映画にするには必要なことだったのだろう。オリジナルの自伝を愛するものとして星ひとつ引いたが、役者の名演もありすばらしい作品となっている。

新着マニュアルページ一覧