DVD , 外国映画 , ドキュメンタリー,2392円,eliteboardup.com,4Kレストア版,ミステリアス・ピカソ,/involutely1805040.html,DVD,天才の秘密 DVD , 外国映画 , ドキュメンタリー,2392円,eliteboardup.com,4Kレストア版,ミステリアス・ピカソ,/involutely1805040.html,DVD,天才の秘密 2392円 ミステリアス・ピカソ 天才の秘密 4Kレストア版 DVD DVD 外国映画 ドキュメンタリー ミステリアス ピカソ 天才の秘密 DVD 国内正規総代理店アイテム 4Kレストア版 2392円 ミステリアス・ピカソ 天才の秘密 4Kレストア版 DVD DVD 外国映画 ドキュメンタリー ミステリアス ピカソ 天才の秘密 DVD 国内正規総代理店アイテム 4Kレストア版

激安セール ミステリアス ピカソ 天才の秘密 DVD 国内正規総代理店アイテム 4Kレストア版

ミステリアス・ピカソ 天才の秘密 4Kレストア版 DVD

2392円

ミステリアス・ピカソ 天才の秘密 4Kレストア版 DVD

商品の説明

内容紹介


20世紀最大の画家の一人である、パブロ・ピカソ。
この比類なき芸術家の創造の秘密に迫るアート・ドキュメンタリー。
監督は『恐怖の報酬』『悪魔のような女』のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー。
本人の全面協力のもとに制作され、この作品でしかみられない絵画もあるといわれる。
映画史、美術史において重要かつ貴重なものとなった本作が、
美しい4Kレストア版の高精細映像によって蘇る。

★1956年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞

製作・監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
撮影:クロード・ルノワール
編集:アンリ・コルピ
音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:パブロ・ピカソ、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー、クロード・ルノワール

日本語字幕:寺尾次郎
封入特典:リーフレット
lt;作品解説gt;遠山純生(映画評論家)

パッケージデザイン:河村康輔

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『恐怖の報酬』のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督がパブロ・ピカソの創造の秘密に迫ったアートドキュメンタリー。本人の全面協力の下、20世紀最大の画家・ピカソの制作過程が明かされる。1956年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。

ミステリアス・ピカソ 天才の秘密 4Kレストア版 DVD

ピカソが全て「ボツ」として処分した絵(なお一部は市場に漏れ出た)が完成するまでのキャンバスの様子が延々と70分間観られるコンテンツです。“キャンバスの様子”と表現したのは、ピカソが描いている姿が殆ど映らないからです。白地のキャンバスに浮き出る線を追うだけの動画です。ピカソが悩む表情が観られるわけでもなく、一心不乱に絵画に打ち込んでいる姿が観られるわけでもなく、ただ白い画面に線が順番に書き込まれていくだけです。しかもその線を描写する速度が遅く、ピカソの有名な絵画が出てくるわけでもなく、延々と70分間垂れ流しで、この映画は完成します。もちろんこれは1957年の作品ですから、当時は斬新で面白かったかもしれません。しかし今の時代同じことを動画サイトでやったら1000回再生するのも難しいクソコンテンツじゃないですかね。それをあなたは観たいですか?「そりゃピカソの絵だから見たいでしょ!!」気持ちは良く分かります。私も観る前は強くそう思っていました。
素晴らしいの一言です。何度も見ていますし、作家友人が集まった時も鑑賞しました。スケッチのようなインク画を描き進める過程はそれだけでアニメーションのように生き生きとしています。巨匠ピカソはこの新しい試みに試行錯誤しつつも楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。一人の中年男性としての親しみも感じられます。音楽よりももっと現場の音を入れて欲しかったなあとは思いますが、これはこれで当時の映画サイドの考えも伝わってくるので面白いです。またカメラマン側の様子やフイルムの残り時間を気にする様子など、ドキュメンタリー撮影現場の雰囲気もとても興味深い。
画家には、その画家らしさが描いた絵から立ち現れる。個人的にはピカソの絵、そこから立ち現れるピカソらしさは好きではない。一度、生で視た作品は色調が強烈に明るかったことを覚えている。本作は、ピカソの作画過程を映写したもので非常に面白い。ガラス越しに描く水森亜土さんを思い出す。描き進められる映像は、ピカソが向こうから描いているので、左右が逆なのであろう。残念ながら全体の尺の関係で、リアルタイムにアナログ時間で追ったパートは少ない。段階的にデジタルで作画過程の断面を連写していくパートでは、最終形よりも途中の段階の方がいいと感じたものが多かった。裸のオッパイ女、ハゲの小男、眼鏡と髭のピカソ自身、牛に敗れた闘牛士が繰り返し描かれる。つけたしの音楽は不要。ピカソが音楽を聞きながら描いていたのであれば、その音楽を流してほしいが、後付け音楽の箇所はボリュームを落として視た方がいい。
ピカソの画布と筆の動きだけを追ったとてつもなく刺激的な映像です。自分も絵をやる人間なので思うのですが、絵を描く過程の迷いや試行錯誤を他人に見せてしまうのは恥ずかしい見せたくないと言うものを良く一部始終見せてくれたなと感心します。途中まで巧く出来ていたものがある時から描くたびに悪くなって行く過程など、天才ピカソでさえ一枚の絵の中でこれだけの試行錯誤と格闘があるのだとこのドキュメンタリーは伝えてくれています。映像を見ながらピカソと同化したり、自分も描いている気になったりで全て見終わったときには自分が一仕事終えたような疲労感がありました。多少不満なのは、絵に集中していると音楽も邪魔になってくるのと時折コマ送りで絵を見せられるのが不満でした。贅沢を言えばエンタメ的な事など全て取っ払って、筆の動きだけをじっくり5時間でも10時間でも見たかったです。
Copyright © 一般社団法人日本理学療法学会連合 All Right Reserved.