シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 2017年モデル 13畳 ホワイト KC-H50-W 23畳 出色 空気清浄 23畳,ホーム&キッチン , 家電 , 空調・季節家電,13畳,2017年モデル,スタンダード,シャープ,KC-H50-W,加湿,空気清浄機,/involutely338040.html,12987円,7000,ホワイト,空気清浄,/,eliteboardup.com,プラズマクラスター 12987円 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2017年モデル ホワイト KC-H50-W ホーム&キッチン 家電 空調・季節家電 12987円 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2017年モデル ホワイト KC-H50-W ホーム&キッチン 家電 空調・季節家電 23畳,ホーム&キッチン , 家電 , 空調・季節家電,13畳,2017年モデル,スタンダード,シャープ,KC-H50-W,加湿,空気清浄機,/involutely338040.html,12987円,7000,ホワイト,空気清浄,/,eliteboardup.com,プラズマクラスター シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 2017年モデル 13畳 ホワイト KC-H50-W 23畳 出色 空気清浄

シャープ セール品 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 2017年モデル 13畳 ホワイト KC-H50-W 23畳 出色 空気清浄

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2017年モデル ホワイト KC-H50-W

12987円

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2017年モデル ホワイト KC-H50-W

商品の説明

サイズ名:プラズマクラスター 13畳/空気清浄 23畳  |  パターン名(種類):A: 単品

■おまかせ運転空気の状態をセンサーでみはって自動で風量と加湿を調整する運転。■静か寝運転明かりを消すと自動で静かになる、就寝時におすすめの運転。■花 粉運転 自動的にセンサーの感度を上げて、素早く検知する強めの自動運転。■ニオイ・湿度・温度・照度の4つのセンサーニオイ・湿度・温度・照度の4つのセンサーがお部屋の状態を感知し、自動的に風量を調整。■高温・高湿みはり 乾燥・低温みはりお部屋の温度・湿度をみはって音と光でお知らせ。■デジタル温度・湿度・電気代モニターお部屋の温度、湿度を1%きざみで、1日24時間あたりの電気代目安を1円単位でデジタルでお知らせ。■きれいモニター総合的な汚れの状態を色でお知らせ。■Ag+イオンカートリッジ給水タンクや加湿トレーのヌメリやニオイの原因を抑え、水まわりを清潔に保ちます。■お手入れ簡単給水タンクハンドル付きで持ちやすく、給水時には立つことができる給水タンク。■ストッパー付キャスター簡単に片手で横方向に動かすことができるキャスター。
加湿方式:気化方式
加湿空気清浄適用床面積の目安14m2 ※~8.5畳(木造和室
加湿適用床面積(目安)・プレハブ洋室:~14畳(23m2)・木造和室:~8.5畳(14m2)
加湿量(mL/h):強 500/中 400/静音 200【空気清浄】
外形寸法:幅399×奥行230×高さ615mm
清浄時間:8畳/17分
給水タンク容量:約2.5L
質量:約7.7kg


メーカーより

基本性能と薄型スリムを両立したスタンダードモデル

トップイメージ KC-H50

スピード循環気流

遠くのホコリも素早く吸じん


プラズマクラスター空気清浄機の特長である、お部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流。遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引します。プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く集じんします。

高性能フィルター

0.3µmの微小な粒子を99.97%※以上集じんする、静電HEPAフィルター

10,000個の微小な粒子を吸い込み3個しか通さない、交換の目安が約10年の高性能フィルター。静電気を帯びているため目詰まりしにくいのが特徴です。

たまひよ受賞

子育てママに選ばれて、7年連続受賞

子育て夫婦の定番雑誌「ひよこクラブ」の読者からも支持されています ! ※ひよこクラブ2020年3月号掲載2014年~2020年受賞 【調査方法】web調査 【対象者】全国の生後0ヶ月~1才6ヶ月のお子様を持つたまひよ読者2000人

プラズマクラスター空気清浄機 比較表

KC-H50

KC-H50-W

KI-JX75

KI-JX75-W

KI-JS70

KI-JS70-W/H

KI-JS50

KI-JS50-W/H

KC-J50-W/H

KC-J50-W/H

プラズマクラスターイオン濃度
7000(スタンダード) 25000(ハイグレード) 25000(ハイグレード) 25000(ハイグレード) 7000(スタンダード)
プラズマクラスターの効果(ウイルスの抑制)
浮遊物に 付着物+浮遊物に 付着物+浮遊物に 付着物+浮遊物に 浮遊物に
畳数
13畳 21畳 16畳 13畳 13畳
最大加湿量
500mL/h 750mL/h 630mL/h 500mL/h 500mL/h
フィルター自動掃除
AI機能
●(ペット対応) ●(ペット対応) ●(ペット対応)
使いやすさ
4つのセンサー、デジタルモニター、ストッパー付きキャスター 5つのセンサー、空気の汚れ見える 5つのセンサー、設置面積A4スリムボディ 5つのセンサー、設置面積B5スリムボディ 3つのセンサー

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2017年モデル ホワイト KC-H50-W

商品が届いてからすぐにタンクに水を入れ、加湿運転していました。ところがタンクやトレーの水がなくなっても緑のランプが点灯したままで、いつまで経っても赤のランプの点滅になりません。しかしタンクを本体から取り外してしばらくすると赤の点滅に変わりました。再度タンクを取り付けると、また緑のランプが点灯してしまいます。シャープのサービス拠点に電話し、家から近い事もあり商品を持ち込むことにしました。サービス拠点で不具合を見てもらうと、修理のため大阪に送るとの事でした。約一週間後、修理から戻ってきたとの連絡があり、取りに行くと不具合は直っていました。原因は水を入れるタンクの成形不良のためタンクがフロートに干渉してしてしまい、水がなくなってもフロートが下がらず赤点滅にならなかったそうです。だからタンクを取り外すと赤の点滅に変わった訳です。それでタンクを正常なものと交換する事で不具合は解消しました。他にも同じ症状の人の書き込み(64さんのタイトル「2回連続不良品。」)がありますが、Amazonで商品交換してまた外れを引くよりも修理する方が確実です。最初はシャープのお客様相談室に電話したのですが、自動ガイダンスが流れるだけでオペレーターにつながりません。メールでも相談できますが時間がかかりそうです。一番確実なのは、サービス拠点に連絡する事です。シャープのホームページから「ホーム>修理サービス事業>持ち込み修理サービス>サービス拠点のご案内」とたどると全国各地のサービス拠点を探す事ができます。評価は星一つにしましたが、不具合がなければコストパフォーマンスも高いので星五つです。
乾燥で喉の調子が良くないことが多くなり、約2年前から超音波加湿器を使うようになりました。しばらく使用していると部屋の物に白い粉のようなものが目立つようになりました…。超音波式はカルキやカビ、不純物も一緒に空気中に噴射してしまうので、部屋のものに粉のようなものが被ってしまうのは知ってはいましたが、いざ経験してみると思った以上に酷く、パソコン内部や家電の中にまで粉のようなものが入り込んでしまい、使い続けるのが不安になってきたので買い替えを検討したところ、部屋が白っぽくならない上に電気代も安い気化式しかないと思いました。ただ、普通の気化式加湿器を買うよりも、空気清浄もできるプラズマクラスターに興味を持ち購入してみました。この製品は2017年モデル(KC-H50-W)になりますが、2017年製というわけではなく現在も生産されていますので、現状では最もコスパが良いとされていて今でもかなり人気のモデルのようです。これより新しいモデルになるとキャスターが付いていなかったり湿度表示のモニターがなくなってしまったりと、他にも色々と便利な機能がなくなってしまっているようで、価格は上がっているのにこのモデル(KC-H50-W)の廉価版のような感じになってしまうので、この2017年モデルがおすすめかと思います。箱から出した第一印象は意外に大きいですが、キャスターのおかげで軽々動くので設置や移動などが楽で全く問題ないです。もちろんキャスターのロック機能もあり設置した場所に固定もできます。一番気になっていたのが加湿性能です。おまかせと自動を選択でのみ湿度調整が自動で、室温に応じて50%~60%での自動加湿を行ってくれます(室温が20℃以下だと65%近くまで加湿するようです)。気化式の加湿力は少し心配でしたが、想像以上にタンクの水の減りも早く加湿力にもとても満足です。季節や日によってもちろん違いますが、乾燥している時期は2.5リットルの水が一日経たずに無くなることもあるので、充分な加湿力だと思います。エアコン使用時の設置場所の注意点としては、エアコンの風が少しでも当たる場所ですと乾燥しますので、湿度の適正範囲より下がることが多くなり、風量を上げて加湿しようとする頻度が上がりますので、その時はなるべくエアコンから離してあげると改善するかもしれません。ですので、加湿機能を使う場合はほぼ毎日水の補給は必要になるかと思いますが、タンクに水を入れるのは簡単ですので苦になりません。湿度表示のモニターは、【現在の湿度→室温→一日の電気代の目安】に切り替え可能で好みの表示ができますし、通常時の明るさも二段階の切り替えが可能です。照度センサーも付いているので部屋が暗くなると自動で暗く切り替わりますし、ランプ類を全て消灯させたまま運転させることも出来ます。ただ、湿度を何%にするかは設定できないので、それができれば尚良かったかなと思いました。運転音も静音運転中は全く聞こえないほど静かです。音に神経質ではありませんがこれは嬉しいです。臭いのセンサーですが、料理・おなら・タバコの煙・香水やファブリーズ等にはとても反応がいいのですが、なぜか生ゴミ臭だけは感度を高にしても全く反応しませんでした。背面に付いているセンサーの目の前で、生ゴミの入ったクサいゴミ袋をいくらバタバタとさせても何の反応もなし…。他の臭いにはセンサーが反応するので不具合でもなさそうですし、ちょっと予想外で残念でした。おまかせモードや自動運転でセンサーがニオイを感知し、きれいモニターが橙色になった時は中運転になりますが、ACモーター扇風機の弱くらいの音なので全然気にならないです。ですが、ニオイが強く赤になったときや適正湿度を下回った時などは強運転となり、適正範囲内に戻るまでの短時間とはいえ、ACモーター扇風機の強くらいの音になり風量もアップしますので、テレビの音なども聞きに取りにくいくらいになります。静音モードにすれば、一日中静音運転にすることは可能なのですが、加湿機能が手動になってしまうためONかOFFのどちらかしか選べません。ここも自動加湿できるように改善して欲しいところですね。ニオイセンサーを高に設定していると、ちょっとした臭いでも反応してキレイにしようと頑張ってくれちゃいますので、我が家ではニオイセンサーを低いに設定して使用しています。感度を低くしていると、おまかせモードにしていても過度な運転切り替えがなくなって、強い臭いの時以外はほぼ一日中静音運転になり、加湿はON/OFFが自動で切り替わってくれるので、空気をキレイにしながらしっかりと適正湿度を保ってくれるのでとても重宝しています。後ろの吹出口は手動です。閉めて使用すると前の吹出口の風量がアップするので、デスクチェアなどに座っているとちょうどいい具合に風が当たるので、夏などは近くに置いて扇風機代わりにも使用しました。加湿用のタンクに冷たい氷水などを入れれば、夏は冷風扇のような使い方もできるのではないでしょうか。逆に冬はこの冷風が暖房の妨げや寒さを感じるのは間違いないです。吹出口から出る風が冷たいので、隙間風でも吹いているかのように冷たい風を感じます。冬は壁を背にして設置し、後ろの吹出口を開けて使用すれば多少軽減されるかと思います。後ろの吹出口のフタが、このモデルでは自動では無くなってしまったようですが、手動の方が自由に開け閉めして使い分け出来るので逆に使い勝手は良くなったのでは?と感じました。我が家では空気清浄機能よりも加湿メインでの使用なので、スタンダードで充分過ぎるほどでした。お試し用で付いてきた背面フィルターも、百均などのレンジフードフィルターを買ってきてちょうどよい大きさにカットすれば十分代用出来ますので、ランニングコストもとてもお安いのではないでしょうか。電気代も、24時間フル稼働(加湿&空気清浄時)で一ヶ月使用したとしても100円もかからないくらい安いので、24時間つけっぱなしでも全く気にならないかと思います。加湿目的で購入した役目もしっかり果たしてくれているので期待以上にとても満足です。非常によく出来た加湿空気清浄機だと思います。【追記】2020.08※ レビューの投稿の中に、給水を知らせるセンサーが初めから壊れているという動画付きのレビューを見ました。その動画は誤解を与えるのではないか思いましたので、ここに記載させていただきます。動画の内容は、給水トレイに水の入った状態で、給水センサーのフロートを指で押し下げても反応しないから故障している。といったような内容でした。ですが、実際に使用しているものでその動画と同じことをすると、動画と同じような結果になります、なぜかというとそれが故障ではなく正常だからです。意図的に給水センサーの反応を調べる為には、加湿中のランプ[緑色]が点灯していることが大前提です。部屋の湿度が充分あり緑のランプが消えている場合は、風量を手動の【静音・中・強】のいずれかにして加湿ボタンを押せば湿度に関わらず加湿しますので緑のランプが点灯します。その上で、給水トレイに水が入っている状態ならば給水センサーのフロートを2分間近く指で押し下げたままである必要があります(時間差がありますので、我が家で使用しているものでは約1分で緑から赤に変わりました)。もう一つの方法は、給水トレイの水を捨てて完全に空っぽにしてセットすることです。上記の方法二つで反応しないならば故障の可能性もあるのかもしれませんが、動画のように給水トレイに水が入っている状態のまま指で一時的に押し下げただけでは、ランプや音での給水のお知らせはされませんので、誤解のないようにして下さい。24時間フル稼働で使用して1年以上が経ってますが、とても快適に使用できています。梅雨の時期は加湿機能を使わず、給水トレイと加湿フィルターはきれいに洗って空にして、空気清浄機能のみで使用しました。普段のお手入れは週に1~2回給水トレイも外し、トレイの溜まっている水を捨て軽くすすぎ、浴室でシャワーを全開で強めに出して加湿フィルターを水圧で洗っていたのですが、使用が長くなってくると白い結晶のようなものが付き始めました。そこで平たく小さめのブラシ(百均のキッチンコーナーや風呂掃除用品コーナーで購入)で、加湿フィルターの隙間に溜まったカルキの結晶のような汚れを水で流しながら掻き出すように落としています。フィルター一体型の白い樹脂は、丁寧に扱わないと裂けてしまいフィルターがバラけてしまいますし、青いフィルターも強くゴシゴシしすぎてもボロボロになってしまう恐れがありますので、できるだけ丁寧に扱うようにしています。色々なブラシを試しましたが、画像に貼ったようなブラシだと丁度良くフィルターの隙間に入り込んでくれるので使いやすかったです。この作業をするのとしないのとでは間違いなく臭いに差が出てくると思います。ブラシを使う時は、フィルターをプラスチックの枠から外して洗うと邪魔な枠がなくなり奥の方まできれいに掻き出せます。それと、月に1・2度は百均でも購入できる粉末タイプのクエン酸を、40~60℃くらいのお湯(※熱湯だとフィルターが変形して元に戻らなくなってしまうので注意)に適量溶かして10~20分浸け置きしてからきれいに洗い流す。この2つの作業さえ定期的にしておけば、加湿フィルターは綺麗なままで臭いも全く無く快適です。※ 一年使用後の加湿フィルター画像を追加しましたが、当方タバコも吸いませんしペットも飼っていませんので、環境によって違いは出るかと思いますので参考程度ということで…。レビューを読むと、異臭がしたり加湿フィルターがすぐダメになるなどを目にします。確かに、お手入れを忘れてしまっていてタンクの水補給だけで使用していた時があり、「なんかすっぱい匂いがするぞ」と気になったことがありました。ですが、気付いた時にすぐクエン酸に浸けてお手入れをしたら簡単にニオイは消えました。お手入れをせずに使用できる夢のような空気清浄機や加湿器は存在しませんので、やはりお手入れをせずに使用するとフィルターなども汚れがたまって蓄積してしまい、必ず臭いが出てしまうようです。マメにお手入れをすればキレイに長く使えるものだと思うので、快適に使用するためにお手入れは欠かさず行うことをおすすめします。※ 長文レビューになってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。【約2年使用後 追記】使用してから約2年経ちましたが、現在でもお手入れは欠かさず続けています。使用1年後の加湿フィルター画像を添付した頃まではまだまだきれいでしたが、2年ほど使用しているとやはり使用感が目立ってきました。一番変化してきたのがフィルターの固さです。フィルター中心部辺りだけがだんだんと固くなってきて、水の吸い上げ効率が悪くなったせいか加湿性能が悪くなってきました。エアコン使用時に加湿が追いついていないのか頻繁に強運転になるようになりました。たまたまシャープの純正加湿フィルターのアウトレットが、Amazonで1,700円程で購入できたので交換してみたところ、強運転になることは格段に減り加湿性能も戻ったようです。丁寧にお手入れしていたので見た目はまだまだ使えそうなのですが、加湿性能は落ちてくると思いますので加湿に重きを置いている方はフィルターが固くなってきたら交換をおすすめ致します。
この加湿器は水タンクを挿すトレー部分に水が溜まり続ける構造になっていますが、ここに溜まる水にカビが生えることがあります。そのため定期的にトレーとフィルターを外し掃除する必要があります。(このことは取扱説明書にも書いてあります)私は週に1回トレーの水を捨てて掃除しています。また背面のフィルター部分も埃が溜まりやすいので注意が必要です。冬は湿度60%前後まで上げることができます。
四畳半の部屋と12畳の部屋に1つずつ導入しましたが、おまかせモードにするだけでしっかりと働いてくれます。温度と湿度が同時に見れないのは少し不便ですね。あと背面に付けるフィルターは1ヶ月で取り替えるのが推奨されているので、3ヶ月で600円ほど維持費がかかります。
Copyright © 一般社団法人日本理学療法学会連合 All Right Reserved.