Cut,eliteboardup.com,421円,in,Layin,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,/buccopharyngeal1939170.html,the Cut,eliteboardup.com,421円,in,Layin,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,/buccopharyngeal1939170.html,the 421円 Layin in the Cut ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ 現品 Layin in the Cut 現品 Layin in the Cut 421円 Layin in the Cut ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ

現品 Layin in 国内在庫 the Cut

Layin in the Cut

421円

Layin in the Cut

商品の説明

内容紹介

Saxman Carter shows his freer and funkier side on this botty-shakin' release. Joined by Marc Ribot, among others, tracks include "Layin in the Cut," "Terminal B," "There's a Paddle" and more.

Amazonレビュー

Another unlikely excursion from the unpredictable James Carter, who is usually associated with an abstract version of straight ahead playing. Not many people would have thought in the mid-90s that one day he'd line himself up with an electric bass (Jamaladeen Tacuma) and lay himself in the groovy cut. However, his approach to the idiom is far from the smooth jazz the title might lead us to expect. His rhythm section is usually clean and tight, which gives Carter all the more freedom to fly off the handle and on to a wilder trajectory. The beat is funky, but Carter's heavy slap tonguing and melodic waywardness and the stuttering guitar work of Marc Ribot tell us emphatically that this is not Grover Washington Junior The Third. Those who enjoyed David Murray's similar diversions from pure avant-garde to free-funk on The Tip and Jug-A-Lug a few years ago should feel at home here. --Mark Gilbert

Layin in the Cut

ジャマラディーン・タクーマ、カルヴィン・ウェストンというオーネット・コールマン・プライム・タイムのリズム隊に、ラウンジ・リザースのマーク・リボー、ロナルド・シャノン・ジャクスン・デコーディング・ソサエティのジェフ・リー・ジョンスンのツイン・ギターとは、メインストリームの人気テナー奏者には、なんとも不釣り合いな伴奏者だが、ここでのカーターは、まるで欧州のマルチリード奏者の様に、様々なサックスを駆使し、ハードで辛口なファンクを演奏しており、単なる思いつきの企画ものとは一線を画す作品に仕上がっている。
まったなしのバトルロイヤル・ファンクセッション。参加面子がもうすでにイッテル。ベースがジャマラディーン・タクマ。ギターがマーク・リボーとジェフリー・ジョンソン、ドラムはG・カルヴィン・ウエストン。でも主役のジェームス・カーターとマーク・リボー以外はグルーヴ重視のプレイをしていて、それに全体が吊られているのでグルーヴィなつくりだ。 けっしてフリージャズ的なものが全面に出ず、リフがクール。ジェームスのワイルドな感じをもろに見えてかっこいい。なんかライヴが見たくなる音だ
ジャンゴ・ラインハルトへのオマージュ作Chasin' the Gypsyと同時にリリースされたエレクトリック&インプロヴィゼーション指向のアルバム。メンバーはカーターの各種サックスの他にジェフ・リー・ジョンソン(g)、マーク・リーボー(g)、ジャマラディーン・タクーマ(b)、カルヴィン・ウェストン(ds)というとんでもないもの。DIW時代にカーターは同じレーベルのロナルド・シャノン・ジャクソンのアルバムに参加し、またグループのメンバーとしてツアーも行っているので、この企画にはかなり期待をした。しかし実際にこのアルバムを聴いたところ、どうもカーターが彼らしくなく妙に大人しい。サイドメンもこの面子にしては平穏でハプニングしないのも不可解だ。例えばJB風のファンクにカーターのサックスが乗ればそれは凄いものになるだろう。あるいはオーネット・コールマンのプライムタイム風のフリージャズでもカーターの力があれば面白いものが出来るに違いない。しかしこのアルバムはその両方を同時に求めて結局どちらにもなれなかったという中途半端な印象が拭えない。企画の着眼点は良いだけにこの結果には納得出来ない。できればこのアルバムと同じかあるいは同等の面子で今一度レコーディングを望みたいところ。

場所の詳細、レビュー、写真をワンクリックで検索

最新の場所