セール フランス音楽の全て 1396円 フランス音楽の全て ミュージック クラシック オペラ・声楽 1396円 フランス音楽の全て ミュージック クラシック オペラ・声楽 ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,フランス音楽の全て,1396円,eliteboardup.com,/category/career/softbank/ セール フランス音楽の全て ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,フランス音楽の全て,1396円,eliteboardup.com,/category/career/softbank/

セール フランス音楽の全て ☆新作入荷☆新品

フランス音楽の全て

1396円

フランス音楽の全て

商品の説明

メディア掲載レビューほか

スイス・ロマンド管弦楽団他の演奏によるフランス音楽集。限定再プレス。 (C)RS

フランス音楽の全て

このセットはアンセルメ没後25年特別企画として1994年に日本国内で発売された「16枚組」で、比較的最近に出た輸入ものの32枚組とは異なるものであることを確認しておきます。オーケストラはすべてスイス・ロマンド管弦楽団です。より詳細な曲目と録音年代です(すべてステレオ録音)。CD 1'ドビュッシー交響組曲「春」(ビュッセル編) 1957牧神の午後への前奏曲 1957夜想曲 1957海−3つの交響的スケッチ 1964(実際は1957)クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲 1964CD 2'ドビュッシー管弦楽のための映像 1961バレエ音楽「遊戯」 1958バレエ音楽「カンマ」(ケックラン編) 1964舞曲(スティーリー風のタランテラ)(ラヴェル編) 1958CD 3'ドビュッシーバレエ音楽「おもちゃ箱」(キャプレ編) 1957小組曲(ビュッセル編) 1961'ラヴェル亡き王女のためのパヴァーヌ 1961優雅で感傷的なワルツ 1960道化師の朝の歌 1960CD 4'ラヴェルスペイン狂詩曲 1957ラ・ヴァルス 1963組曲「クープランの墓」 1960ツィガーヌ(ヴァイオリン:ルッジェーロ・リッチ) 1959ボレロ 1963CD 5'ラヴェルバレエ音楽「ダフニスとクロエ」 1965組曲「マ・メール・ロア」 1957CD 6'ベルリオーズ幻想交響曲 1967序曲「海賊」 1967序曲「ローマの謝肉祭」 1964歌劇「ベアトリスとベネディクト」−序曲 1964CD 7'サン=サーンス交響曲第3番 ハ短調「オルガン付き」 1962'ベルリオーズ劇的音楽「ファウストの劫罰」より 1964歌劇「ベンヴェヌート・チェルリーニ」−序曲 1964CD 8'フランク交響曲 ニ短調 1961交響詩「呪われた狩人」 1961交響詩「アイオリスの人々」 1967CD 9'ビゼー「カルメン」組曲 1958「アルルの女」第1組曲 1958「アルルの女」第2組曲 1958序曲「祖国」 1954CD 10'ビゼー交響曲 ハ長調(第1番) 1960小組曲「子供の遊び」 1960「美しきパースの娘」組曲 1960'オッフェンバック喜歌劇「天国と地獄」−序曲 1960喜歌劇「美しきエレーヌ」−序曲 1960'エロール喜歌劇「ザンパ」−序曲 1960CD 11'ラロバレエ音楽「ナムーナ」 1966ディヴェルティスマンよりアンダンティーノ 1966ノルウェー狂詩曲 1966スケルツォ ニ短調 1968歌劇「イスの王様」−序曲 1960CD 12'シャブリエ狂詩曲「スペイン」 1964田園組曲 1964楽しい行進曲 1964スラヴ舞曲(歌劇「いやいやながらの王様」) 1964ポーランドの祭り(歌劇「いやいやながらの王様」) 1964'トマ歌劇「ミニョン」−序曲 1960歌劇「レーモン」−序曲 1960'オーベール歌劇「黒いドミノ」−序曲 1960歌劇「フラ・ディアヴォロ」−序曲 1960CD 13'ショーソン交響曲 変ロ長調 1967'フォーレ「ペレアスとメリザンド」組曲 1962歌劇「ペネロープ」−前奏曲 1962組曲「マスクとベルガマスク」 1962CD 14'ルーセル交響曲第3番 ト短調 1956交響曲第4番 イ長調 1956バレエ音楽「くもの饗宴」 1954CD 15'オネゲル交響曲第2番(弦楽とトランペットのための) 1961交響曲第3番「典礼風」 1968交響曲第4番「バーゼルの喜び」 1968CD 16'オネゲルパシフィック231(交響的断章第1番) 1963'デュカス魔法使いの弟子(ゲーテのバラードによるスケルツォ) 1958バレエ音楽「ラ・ペリ」 1963'マニャール交響曲第3番 変ロ短調 1968ブックレットは日本語48ページで、厚くもなく薄くもなくという感じです。表紙;ジャケット写真のモノクロ版、p1;表題、p2-17;曲目と主なソリスト、p18-20;録音年月一覧(ここだけ英語)、p21;アンセルメ顔アップのモノクロ写真、p22-24;フランソワ・ユドリーによるアンセルメについての解説(三浦淳史・訳)、p25-48;福本健一氏による比較的シンプルな楽曲解説、といった構成です。CD1のドビュッシー「海」の録音年代についてですが、1964年録音版(実際存在はします)というのは幾多の同録音CD共通の有名な誤りで、演奏時間などから実際は1957年録音版と思われます。昨今のアンセルメamp;OSRについての評価は分かれているようですが、かつて私も解釈と録音の古さやオケの技量の問題に目が行きがちでした。しかし最近たまたま耳にする機会があり、アンセルメの明晰かつバランスの行き届いた構成力と解釈、生き生きと生命感に溢れ、説得力ある形で心に響く演奏に目を見開かされたのです。オケの技量は確かに一流とまではいかないまでも(実はこれら録音でははっきり一流オケと見まがう演奏もかなり多いです)、アンセルメの統率力に見事に、かつ真面目に呼応した一体感や力強さ、フランスの有名オケとはまた違った味わいの音色にも魅了されてしまいました。やはり子供時代に家にあったアンセルメのレコードにハマりまくっていた経験はまがい物ではなかったと感慨深いものがあります。よくデュトワ盤と比較されたり類似性が言われますが、私はデュトワとの類似性は殆ど感じません。オケの技量や洗練度は別にして、デュトワ盤はまぎれもなく美しいのですが、ぼやけた録音のせいか個人的にはさほど心に訴えるものがなく、物足りなさが残ります。対してアンセルメのドビュッシーやラヴェルは決して曖昧模糊としたものではなく、明解でメリハリのある演奏だと思います。これまでドビュッシーはマルティノン盤、ラヴェルはクリュイタンス盤を愛聴してきましたが、それらの素晴らしさは十二分に認めつつもフランス色もしくは原色的なラテン色が強すぎて、ともするとツンケンした匂いがあったのも事実です。一方でアンセルメ盤はスイスという土地柄のせいか微妙にドイツ的なカラーが混じっていて(特にホルン)、全体として素朴な風合いや温かみがあり、よりリラックスできるのも気に入っています。昨今はグローバリズムからローカリズムへのパラダイムシフトが急激に進んでいると言われます。世界のオーケストラもグローバルな合理主義に邁進し(パリ管弦楽団発足など)、アンセルメamp;OSR来日公演が不評であったのもそうした背景があったとも言われます。しかし機能向上第一主義の代わりに失ったものがあるのだということを、このボックスセットが教えてくれました。一時は二流ローカルオケの烙印ばかりであったスイス・ロマンド管弦楽団は、私的には良い意味でのローカリズムを象徴的に表すオケかもしれません。私の耳が再び彼らに引き寄せられているのは、同時にアンセルメamp;OSRへの見直しが広まっているのは、現今のローカリズムへのパラダイムシフト時代が潜在的に人々の心に働きかけているのだろうか、などと思いを馳せつつ、この宝物のような素晴らしい演奏たちに聴き入っています。

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

図解で分かる!シリンジフィルターの使い方

シリンジフィルターは、分析サンプルの前処理や、細胞滅菌を行うために、溶液をろ過するデバイスです。日常的にシリンジフィルターを使っていても、フィルターの材質やサイ…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

超遠心不要、細胞タンパク質を4つの画分に分けて抽出する方法

タンパク質抽出を効率的かつ円滑に行うツール プロテオミクスにおいて重要な課題の一つは複雑なタンパク質混合物の精製です。これは発現量の少ないタンパク質を検出可能…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

【徹底比較】シリンジフィルターの性能

理想的なろ過を実現するフィルターの条件 シリンジフィルターは、機器分析サンプルの前処理や少量のサンプルの滅菌、抗生物質・培地添加剤などの溶液をろ過減菌するツー…

HPLC/UHPLC用サンプルを効率的にろ過する方法

分析の前処理をもっと効率的に クロマトグラフィーによる分析を行う際には、試料を前もって分析に適した状態に調製しておくことが必要です。特に高速液体クロマトグラフ…

がん細胞の特性を知るための3D培養

3D培養でがん細胞の特性を知る 抗がん剤の開発では、これまで2D(二次元)の平面培養で成長させた細胞株を用いてさまざまな研究が行われてきました。しかし、2D培…

がん研究で3D培養を行うメリット

がん治療薬開発の課題 抗がん剤の開発候補品のうち、ヒトでの治療効果が認められるものはどのくらいあるのでしょうか。実は意外と少なく、研究者たちの悩みの種となって…

【初めての論文投稿⑤】伝わる図表の作り方

図表の質が論文掲載を左右する 図表は、論文において全体のメッセージを伝えるために欠かすことのできない要素のひとつです。単に実験データを示すだけのものではありま…

TrueGel3Dによる3D培養 その概要と使用例

期待が高まる3D培養技術 従来の二次元的な細胞培養(2D)は、細胞が平面に増殖するため、生体内の立体的な環境とは異なる状態であるという課題がありました。一方、…

3次元細胞培養の強みとは(2次元細胞培養との比較)

2次元細胞培養と3次元細胞培養の比較 発生生物学、創薬、再生医学、タンパク質の生産などといった分野において、細胞培養技術は広く定着しています。細胞培養技術の導…

【初めての論文投稿④】アウトラインの作り方

論文の質を決めるアウトライン作り 論文の執筆にとりかかる際、必ず行ってほしいのが「アウトライン」の作成です。アウトラインはいわば論文の設計図。この設計図作りの…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

吸湿による試薬の固化を防ぐ「Redi-Dri™」とは

吸湿性試薬の「塊」に困っていませんか? 開封して時間が経つと、試薬ボトルの中で水分を吸収する吸湿性試薬。水分を吸収した試薬はボトルの中で固化し、塊を形成します…

【シコリ】冷凍カシスピューレ(無糖)1kg

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<注目ベンチャー>病気を「視る」薬を創る

2010年に大学発の技術を世に送り出すべく創業し、蛍光プローブの製造・販売を専門とする五稜化薬。唯一無二の製品で世界市場でも成功を収めています。そして現在同社は…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

分子生物学実験の基本 滅菌操作をマスターしよう

滅菌とは 滅菌とは「全ての生物を死滅させるか、完全に除去すること」を指し、分子生物学実験において非常に重要な操作の一つです。大腸菌培養や細胞・組織の無菌培養を…

【初めての論文投稿③】投稿するジャーナルの選び方

論文を書き始める前に投稿先を検討しよう 論文の投稿先選びは、ときに将来の進路を決めることもある重要なプロセスです。確認が不十分のまま執筆を始めてしまうと、大幅…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

サンドイッチELISAと競合ELISAによる定量

ELISA法とは 酵素結合免疫吸着検査法(以下、ELISA)は、抗体の特異性と、シンプルな酵素測定法の感受性を組み合わせた技術です。測定は容易で、ターンオーバ…

押さえておきたい、ろ過手法とフィルターの基礎知識

ろ過の基本をマスターしよう ライフサイエンスの実験から身近な日常生活に至るまで、さまざまな分野で利用されている「ろ過」。例えば、ドリッパーとペーパーフィルター…

阻害剤の基礎知識―低分子化合物の正しい選び方

低分子化合物の性質を知って正しい阻害剤を選択しよう 生理活性を有する低分子化合物は、ライフサイエンス実験において有力な阻害剤として活用されています。例えば、細…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

HPLCを行うときのアセトニトリルの選び方

リーマンショックが研究にも影響 有機合成の溶媒として、医薬、農薬、精密化学などで幅広く利用されるアセトニトリル。分析化学の分野では、高速液体クロマトグラフ(H…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

タンパク質実験における界面活性剤の重要性

タンパク質実験に欠かせない界面活性剤 顔や体を洗う石けん、衣類の洗剤や柔軟剤、化粧品といった、日常生活のあらゆる場面でも使われている界面活性剤。ライフサイエン…

PCRによるマイコプラズマ感染の検出法

細胞培養とマイコプラズマ感染 マイコプラズマによる培養細胞の感染は、実験に大きな影響を与えます。通常、マイコプラズマによる感染で哺乳動物細胞が死滅することはあ…

結合組織の消化に生かされる、粗精製コラゲナーゼとは

コラーゲンを分解する酵素、コラゲナーゼ コラゲナーゼとは、タンパク質の一種であるコラーゲンを分解する酵素のことで、ライフサイエンス実験では、主に細胞を分散させ…

揮発性有機化合物との付き合い方、シックハウス症候群を例に

揮発性有機化合物が引き起こす「シックハウス症候群」 揮発性有機化合物(VOCs:Volatile Organic Compounds)は、実験のほかにも溶剤と…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

免疫組織化学、免疫細胞化学における染色と検出手法

免疫組織化学/免疫細胞化学の染色と検出 免疫組織化学(IHC)/免疫細胞化学(ICC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織や細胞中の抗原(例:タンパ…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

酵素阻害剤の分類と様々な可逆的阻害剤

酵素阻害剤の分類 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素の反応触媒能は、様々な低分子(阻害剤)が…

【ブランドストーリー】研究者のための会社、シグマ アルドリッチの歴史

メルクの一員となったシグマ アルドリッチ社のすべて 2015年11月、シグマ アルドリッチ社がメルクの傘下に加わりました。同社は、世界40カ国に生産、研究開発…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

研究や医療で活用される酵素阻害剤とは

酵素阻害剤の重要性 酵素阻害剤は、生物学的プロセスの研究に用いられるほか、疾患を緩和する治療薬や、殺虫剤、農薬など様々な用途で活用されています。 この記事の…

研究者が「ぼっち」から抜け出しネットワークを構築する方法

研究室でひとりぼっちは、むしろ絶好のチャンスと考える 多くの理系学部が4年で研究室に配属されます。同じ研究室に配属されるのは多くて数人、中には同じ学年はひとり…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

コツは「素早く解凍」。適切な細胞融解の手順

凍結細胞を適切に融解しよう ECACCなどから入手する細胞の多くは凍結された状態で送られてきます。そのため細胞は使用する前に凍結から起こす必要があります。この…

環境分析で暮らしを守る、メンブレンフィルターの役割

環境分析が暮らしを守る 実験でなにかとお世話になるメンブレンフィルター。実は産業廃棄物処理の現場でも活躍しています。産業廃棄物を処理するとき、日本では「廃棄物…

使い分けが重要!メンブレンフィルターとプレフィルターの違いとは

有形物を表面で捕捉するメンブレンフィルター スクリーンフィルターや精密ろ過膜とも呼ばれるメンブレンフィルターは、一定の大きさの菌体や粒子などの有形物、不溶物を…

【研究ツールとしての抗体技術】抗原とエピトープ

抗体技術の基本原理 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降、大きく進歩し、ライフサイエンス研究の多くの分野に…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…

バッファー使用時の注意点と選択のポイント(バッファーの基礎知識)

生体内の環境を理解して最適なバッファーを選択しよう 生命活動を担う生体分子のほとんどは、生体内の体液の中で反応を起こし、その作用はpHに依存してます。ライフサ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

生体サンプルからのダイレクトPCR

生体サンプルからのダイレクトPCRとは 通常のPCRでは、試料から核酸を抽出・精製したDNA溶液を使って行いますが、ダイレクトPCRでは、核酸を分離せずに、細…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…