ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,eliteboardup.com,ノー・プロブレム,1570円,/moorishness1939564.html 1570円 ノー・プロブレム ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ 1570円 ノー・プロブレム ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ ノー プロブレム おすすめ特集 ノー プロブレム おすすめ特集 ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,eliteboardup.com,ノー・プロブレム,1570円,/moorishness1939564.html

限定モデル ノー プロブレム おすすめ特集

ノー・プロブレム

1570円

ノー・プロブレム

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ハード・バップの代表的奏者であり、ジョン・コルトレーンと並ぶジャズ・サックスの巨人と讃えられるソニー・ロリンズ。マイペースぶりを発揮しながら独特の創造性溢れる演奏によって、ジャズの最先端に位置する音楽を聴かせてくれる1981年録音の作品。 (C)RS

ノー・プロブレム

ボビー・ハッチャーソンと トニー・ウィリアムスが参加してるので「もしかして六十年代ブルーノート新主流派ぽいのか?」と勘違いして(笑)買ってしまいました。この頃 ウィリアムスも ハッチャーソンも ブルーノート復興に燃えていたからね。そしたら、まあー、何だ? これ、ナベサダさんの出来損ないか?(笑)みたいなサックスフュージョンでわないですか… の割りにはトニーがガンガン叩いてるし???な感じで……そのまま放っといて 「ワークタイム」「ニュークスタイム」なんか聴いてたら この盤の事が妙に思い出されて… 「トニー・ウィリアムスがぶっ叩いてる音圧を背中に受けながら思い切り吹きまくる」つうだけだったんじゃないかなぁ… って思いました。なあんだ! それなら 何も こんな回りくどい事しなくても ボビー入りのピアノレス カルテットのがよかった。ギター入ってるんで ☆ひとつマイナスね(笑)(とほほの助)
 70年代末、プチ停滞感におそわれていたロリンズが、再び調子を取り戻して来た一作。自身もそれを手応えとして感じ取ったのか、「ノー・プロブレム」とジャケで笑っている。 サウンドの特徴は、なんといっても、ボビー・ハッチャーソンの参加だろう。彼のメタリックなバイブとロリンズの相性は滅法いい。これ1枚でコラボが終わったのが残念だ。 また、80年代の録音としては、驚くほど音がスカスカしている。楽器と楽器の間にスペースがずいぶんあるのだ。しかし、これがまた逆に、新鮮な印象を与える。 ギタリストとしてボビー・ブルームの選択も良かったと思うし、あまり評判の良くないボブ・クランショウのエレベーも、音色も含め、健闘していると思う。 トニーのドタバタ・ドラムですら、今回はそれほど耳障りでない。 80年代前半期を代表する快作として、推薦できる。
ちょっとディープな生物の世界
やばい生き物
生物動画
もっと見る
もっと見る